酒好きの胃や肝臓を守る納豆のおつまみ

  • 2017.01.31 Tuesday
  • 12:03
納豆は、朝食のおかずとして親しまれているだけではなく、まぐろ納豆やオクラ納豆、いか納豆などのように、お酒のおつまみとしても高い人気があります。

もちろん、お酒によく合う風味が、その理由なのでしょうが、実はアルコールの害を防ぐうえでも、とてもいい食品だということをご存じでしょうか。

アルコールの害にはいろいろありますが、その第一は、まず胃に対する作用です。ウィスキーなどの強いアルコールをストレートで飲むと、それがたとえわずかでも、胃粘膜をおおって保護している粘液のバリアーが壊され流されて、胃粘膜はむき出しの状態になります。

そうなると、本来は食べ物の消化にあたっている胃酸によって、胃粘膜そのものが損傷を受け、出血を引き起こします。それでも、一晩ぐっすり眠れば、翌日には壊れた胃粘膜と粘液は元どおりに修復されます。

ところが、毎晩のように深酒がつづくと、胃粘膜の修復は追いつかなくなり、胃炎さらには胃潰瘍をも誘発しかねません。そんなとき、酒の肴に納豆を食べると、特有のあのネバネバが胃粘膜を保護してくれるのです。ネバネバの正体は、ムチンと呼ばれる物質です。

ムチンはアミノ酸の一種であるグルタミン酸が多数連なったぺブタイドという物質と、果糖が集まったフラクタンという多糖類からできています。

ちょうど網目のような立体構造をしているぺプタイドのすき間に、水あめのような性質を持つフラクタンがぎっしりと詰まった形になっています。

このため、引っばると長く糸を引いて、あのネバネバした状態になるのです。このムチンが胃壁全体に広がり、たとえ粘液が不足しても、アルコールや胃酸で胃粘膜が傷つくのを防いでくれるというわけです。

お酒の第二の害は、肝臓に対するものです。たとえば、すきっ腹に強いお酒をぐいぐい流し込んだとしましょう。肝臓は全力でアルコールを分解しますが、その能力を超えた量になると、分解しきれずに悪酔いを起こします。さらに悪化させると、肝臓の細胞が傷つけられて急性アルコール性肝障害などを起こすことさえあるのです。

こんなトラブルはぜひ避けたいもの。それには、お酒を飲むときにけっして胃をからっぼにしないこと。物を食べながら飲んで、アルコールの吸収速度をゆるめてやることが肝心です。

そして、この面でも一役買ってくれるのが納豆なのです。納豆はご存じのようにタンパク質食品であり、さらにはネバネバのもとであるムチンを含んでいます。

これらのタンパク質やムチンには、実はアルコールを吸収して胃壁を保護し、アルコールが直接胃から吸収されるのを防ぐ働きがあるのです。特にムチンはどこま9でも薄く伸びて面積が広がる分だけ、効率よくアルコールを吸収することができます。

グルタミン酸が多数連なったぺブタイドという物質と、果糖が集まったフラクタンという多糖類からできています。ちょうど網目のような立体構造をしているぺプタイドのすき間に、水あめのような性質を持つフラクタンがぎっしりと詰まった形になっています。このため、引っばると長く糸を引いて、あのネバネバした状態になるのです。このムチンが胃壁全体に広がり、たとえ粘液が不足しても、アルコールや胃酸で胃粘膜が傷つくのを防いでくれるというわけです。

アルコールの害から内臓を守ってくれる納豆の成分は、タンパク質とムチンばかりではありません。アルコールの分解処理をフル回転で一手に引き受けてくれているのは肝臓ですが、特にこの働きを請け負っているのは、アルコール脱水素酵素です。この酵素の生産に必要なのがアミノ酸であり、その働きを応援するのがビタミンB群などです。62 ページで説明したように、これらの成分はすべて納豆に豊富に含まれています。このように納豆は、肝機能が正常で活発に働くために、まさにうってつけの食品といえるのです。アルコールの害を防いでくれる納豆の食効がこれでよくおわかりいただけたことでしょう。酒飲みはせめて、大事な肝臓を守るための仁義として、こうした助っ人を体内に送り込んでいただきたいものです。

アルコールの害から内臓を守ってくれる納豆の成分は、タンパク質とムチンばかりではありません。アルコールの分解処理をフル回転で一手に引き受けてくれているのは肝臓ですが、特にこの働きを請け負っているのは、アルコール脱水素酵素です。

この酵素の生産に必要なのがアミノ酸であり、その働きを応援するのがビタミンB群などです。これらの成分はすべて納豆に豊富に含まれています。このように納豆は、肝機能が正常で活発に働くために、まさにうってつけの食品といえるのです。アルコールの害を防いでくれる納豆の食効がこれでよくおわかりいただけたことでしょう。酒飲みはせめて、大事な肝臓を守るための仁義として、こうした助っ人を体内に送り込んでいただきたいものです。

ちなみに、納豆と鶏卵やうずらの卵を組み合わせた月見納豆は、納豆と卵の栄養成分の相乗作用で、アルコールから肝臓を守る効果が何倍にも増す、じようずなとり合わせです。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM