酒飲みの胃と肝臓をやさしく守る豚ヒレ肉とアーモンド

  • 2017.01.19 Thursday
  • 12:15
日頃からお酒を飲む習慣がある人は、ついお酒を飲みすぎて、翌朝二日酔いは誰でも経験があるはずです。この二日酔いは、とりもなおさず肝臓が1私の能力を超えた量でしたよ。気をつけてくださいね!という警告です。

実際、二日酔い状態にある人の胃を内視鏡でのぞいてみると、胃の中は真っ赤、粘膜はただれて、ときには出血が見られることさえあります。

もともと日本人の胃の粘膜は、欧米人にくらべて、それほど強くありません。穀物や野菜を中心とした食習慣でタンパク質の摂取が不足ぎみだったため、日本人は胃の粘膜が弱い体質なのです。

毎日分厚いステーキを食べて、タンパク質をたっぷりとっている欧米人とは、粘膜のできが違うといっていいでしょう。ところで、すでにほかの項目でふれられているように、飲んだお酒は胃や小腸から肝臓に行き、そこで分解されます。

まずアセトアルデヒドという物質に分解され、次に酢酸となり、最後に炭酸ガスと水に分解されるのです。この過程で十分に必要なのがアルコール脱水素酵素で、この酵素をビタミンB1が手助けして、分解が進んでいきます。

この酵素は、タンパク質からつくられるのですが、この点でも日本人はとても欧米人ほどの酵素の量はつくり出せないということになります。

こうしてみると、私たちの胃や肝臓をお酒の書から守るためには、なによりもまず、十分なタンパク質が必要だということがわかります。

タンパク質は胃の粘膜を丈夫にすると同時に、アルコールで傷んだ肝臓を修復し、アルコール脱水素酵素をもつくり出す、実に重要な栄養素なのです。

タンパク質の豊富な食品といえば、まず肉類があげられます。中でも、豚肉のタンパク質の質のよさはぴかいちです。そればかりか、豚肉にはビタミンB群も豊富に含まれます。ビタミンB1がアルコールを分解する段階で役立ち、ビタミンB2 は脂肪代謝にかかわって、1脂肪肝を防いでくれます。酒飲みはふだんの食事だけでなく、酒の肴にも豚肉を上手に使って、常に良質のタンパク質とビタミンB群を補給しっづけたいものです。

成人病が気になる人は、脂肪の少ないヒレ肉などを選んで使うとよいでしょう。ちなみに、酒の肴としてはもちろん、おかずにもおすすめの豚肉料理をは「豚ヒレ肉のアーモンド焼き」がそれです。

作り方は、まず豚ヒレ肉のかたまりを用意し、縦方向に切り目を入れて、砕いたアーモンドを詰めます。肉全体をたこ糸で縛ってとじ、塩とこしょう、小麦粉をまぶします。フライパンに植物油を熱して肉をいいりつけ、焼き色がついたらワインを注いで蒸し焼きにします。

焼き上がったら、小口切りにし、上に刻みパセリとレモン汁をかけます。アーモンドには、タンパク質のほか植物油、ビタミン跳、コリン、ビタミンE 、ミネラルなどが豊富に含まれています。それを脂肪の少ない豚ヒレ肉と組み合わせるのですから、酒飲みには最適の一品です。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM